大阪大学大学院工学研究科分析センター

分析センターについて

  • HOME »
  • 分析センターについて

分析センターについて

director工学研究科分析センターは、1969年4月に当時の工学部に設置され、物質や分子の構造、物性、反応性を解析する大型分析機器を備え、研究および教育を支援する共通施設として今日に至っています。現在、本センターでは、所属機器の運営・管理とともに、化学、材料、バイオ等を専門とする教職員・研究員や学生の自主測定の指導および依頼測定を通じて、工学研究科内外に広く貢献しています。また、年に1〜2回程度、主な機器の原理や測定手法の講習会を開催するなど、多くの研究者や学生への機器分析に関する教育も実施しています。お手元の材料・化合物の解析等でなにかお困りのことがございましたら、本ホームページに記載の連絡先にお問い合わせください。本ホームページに示す機器は、すべて公開しておりますので、是非ともご利用いただき、皆様の研究の進捗に役立てていただければ、センタースタッフ一同、幸いに存じます。

分析センター長 林 高史

About the Analytical Instrumentation Facility

Analytical Instrumentation Facility was established since 1969, and has various analytical instruments performing structural and physicochemical analyses of materials and molecules. Our facility not only maintains these instruments but also supports many researches in diverse field of fundamental and applied sciences such as chemistry, material science and molecular biology. In addition, tutorial classes about our instruments for researchers and students are held once or twice a year in our facility. If you have any questions about analysis of your materials or molecules, please contact us without any hesitations. We sincerely hope that our facility will be able to contribute to your research.

Director of Analytical Instrumentation Facility
Takashi Hayashi, Prof

PAGETOP
Powered by WordPress &